洋服のシミ取りは迅速に

食べこぼしや手が滑るなどのアクシデントでついてしまった洋服のシミは、そのまま放置すると、洗濯しても全く落ちないほどの頑固な汚れとなることも多くあります。
洋服のシミ取りを行うには、第一に、繊維に汚れの色素が沈着してしまう前に行うことが重要なポイントとなります。
また、油性や水溶性など、汚れのタイプによっても、シミ取りの方法が変わってきますので、汚れの種類をよく判断してから、シミ取りを行いましょう。
食事の食べこぼしが原因で出来てしまったカレーのシミの場合では、カレーのシミ自体が油性と水溶性の2つの特徴を持つシミであるため、最初に、カレーのシミ部分に、台所用洗剤などの中性の洗剤を直接つけ、もみほぐした後、水ですすぎ、汚れが落ちていなければ、40度から50度の温度のお湯に衣類用漂白剤を溶かし、2時間ほど漬け込んだ後に洗濯をすることによって、カレーのシミがかなり薄くなります。
この方法においては、衣類の素材によっても、実際のやり方が違います。デリケートな素材で出来た衣類の場合では、中性洗剤をつける時に、水で薄めた洗剤を、割り箸の先に、ガーゼをつけ、ゴムで固定して作った棒のガーゼ部分に含ませ、トントンと優しく叩くようにつけたり、使い古した歯ブラシなどを使用し、生地が傷まないようにする必要があります。
また、漂白剤の使用時においても、どの衣類であっても、漂白剤によって色落ちなどが起こらないか、目立たない場所でテストしなければなりません。お肌のシミ消す方法はこちら